Director

当団では、指揮者、武藤英明先生の紹介を頂き、武藤先生と名フィルで長年仕事をされてきた、杉山光太郎先生、新井雅夫先生をトレーナーとしてお迎えしています。

杉山 光太郎 画像

杉山 光太郎先生

東京藝術大学卒業。同大学院修了。ヴィオラを浅妻文樹氏、室内楽を日高毅氏に師事。1984年よりフィレンツェ市立歌劇場(マッジョ・ムジカーレ)オーケストラ団員。同時に、元イタリア弦楽四重奏団のピエロ・ファルッリ氏のもとで研鑚を積む。

1989年に帰国し、名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団、現在に至る。この間2010年まで首席ヴィオラ奏者。ザ・ストリングス名古屋団員。名古屋音楽大学非常勤講師。

新井 雅夫 画像

新井 雅夫先生

1952年、東京生まれ。1975年に武蔵野音楽大学音楽学部ホルン専攻を卒業し、卒業と同時に札幌交響楽団の契約団員を経て翌年、名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。

1978年よりミュンヘン市立リヒャルト・シュトラウス音楽院へ2年間留学する。それまでホルンを薗清隆、田中正大、ジャック・メレディスの各氏に師事。

2004年に名古屋フィルのメンバー11人と「名古屋ヴィルトゥオーゼン室内アンサンブル」を結成し、ウィーンの音楽を中心に小編成の演奏にも取り組んでいる。

2012年に36年間勤めた名古屋フィルを定年退職してから、様々なオーケストラや吹奏楽団の、指導と指揮をしている。